時間や場所にとらわれず筋肉を鍛える方法とは?

時間や場所にとらわれず筋肉を鍛える方法とは?

時間や場所にとらわれず筋肉を鍛える方法とは?

トレーニングジムに通いたいけど、お金を使いたくないしまとまった時間がとれない。

 

 

また単純に筋トレがめんどくさいと感じる方がほとんどだと思います。そこで時間や場所にとらわれず、ジムや特別なトレーニング器具を使わなくても効果的に筋肉を鍛えられる方法をご紹介しましょう。

 

 

筋トレというと、何百回も腕立て伏せをしたり腹筋やスクワットをしないといけないと思っていませんか?

 

 

回数をかけなくても、一回の動作に高負荷をかけることで超短時間で効率的な筋トレが可能なんです。腕立て伏せなら体をまっすぐにしてなるべくゆっくりと深く体を下げていきます。理想は顎が地面につくくらいですが、はじめのうちはすれすれでもかまいません。

 

 

そこからゆっくりと時間をかけて体を上げていきます。実際にやってみるとわかりますが、かなりきついですね。それが筋肉に高負荷がかかっている証拠なのです。その要領で腹筋やスクワットもゆっくりとした動作を意識してやれば、回数をかけてやるよりも効果的なのです。これならジムに通わずともちょっとした暇なときを利用して筋トレすることができます。

 

そもそも腕立て伏せなどもあまりしたくない。そんな方は日常の中に筋トレを取り入れてみましょう。一日の中には数分、数十秒何もしていない無駄な時間があります。もったいないと思いませんか?そういう時間を利用して筋トレする方法に、ながら筋トレというものがあります。ながら筋トレとはその名の通り何かをしながら筋トレをする方法です。

 

 

通勤中なら電車の中で軽く片足立ちするだけで、もう片方の足に高負荷をかけられます。

 

 

信号待ちなら周りに気づかれない程度につま先立ちしてみるのもいいでしょう。デスクワーク中も机の下でこっそり足を上げたままキープすれば、太ももに負荷をかけることができます。テレビを見るときは立ってスクワットをするなど、ながら筋トレをすればいいのです。家事をしているときも、皿を洗うときはつま先立ちや腹筋に力を入れるだけでも筋トレになります。日常生活に上手に筋トレを取り入れて理想の体型を目指しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ