美白作用のあるアルブチンはどのように肌に働きかけるのか

美白作用のあるアルブチンはどのように肌に働きかけるのか

美白作用のあるアルブチンはどのように肌に働きかけるのか

美白作用がある成分の一つがアルブチンです。

 

美白作用がある美容液などに配合されています。
美白成分といってもその働きかけは成分によってさまざまです。アルブチンはどのように肌に働きかけるのでしょうか。

 

アルブチンはこうして生まれた

 

アルブチンは1989年に厚生労働省が認めた美白成分です。コケモモ、リンゴベリー、サンタベリー、梨、ウワウルシなどに含まれています。

 

皮膚科でも使われる美白成分にハイドロキノンがあります。ハイドロキノンは美白効果が高いのですが、刺激が強いため使用には注意が必要です。
ハイドロキノンにブドウ糖を結合させた成分がアルブチンです。ハイドロキノンに比べて低刺激です。

 

アルブチンの働きかけ方

 

美白成分にはメラニンを薄くするものと、メラニンの生成を抑える働きがあるものがあります。

 

ハイドロキノンはメラニンの生成を抑制したり、メラニンを薄くする働きがあります。一方、アルブチンはメラニンの生成を抑制する働きがあります。紫外線を浴びると肌を守るためにメラニンが生成されます。ことのきにチロシナーゼという酵素が活性化します。アルブチンはチロシナーゼの働きを阻害して、メラニンの生成を抑制します。

 

アルブチンの種類

 

アルブチンにはαアルブチンとβアルブチンがあります。

 

αアルブチンは配糖化技術を用いてハイドロキノンにブドウ糖を結合させた成分です。βアルブチンに比べて美白効果が10倍高いと報告されています。肌なじみもよいです。そのため、αアルブチンが美白化粧品に配合されることが多くなっています。コケモモや梨にも含まれています。

 

βアルブチンは肌へのなじみが低い成分ですが、美白化粧品に使用されてます。ウルワウルシなどの植物に含まれる天然のアルブチンです。

 

アルブチンには美白作用がありますが、メラニンの生成を抑制してシミやそばかすを防ぐもので、すでにできてしまったシミやそばかすを解消する働きはありません。すでにできてしまったものに対しては、肌のターンオーバーを促すケアをしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ