便秘の種類に応じて、適切な改善方法をお試しください

便秘の種類に応じて、適切な改善方法をお試しください

便秘の種類に応じて、適切な改善方法をお試しください

便秘と聞くと、現在悩んでいますという方、結構いるのではないでしょうか?
今回は便秘改善方法についてお話ししていこうと思います。

 

まず、どうして便秘になってしまうのでしょうか。

 

良くご存じないかもしれませんが、便秘にはいくつか種類があります。

 

大きく2つに分けることができて、一つは機能性便秘、もう一つは器質性便秘と呼ばれます。

 

機能性便秘は乱れた生活習慣を送っている人や、バランスの悪い食事などによって引き起こされる便秘の事で、器質性便秘は病気など、大腸に問題がある場合に起こる便秘です。
私たちが日常的に悩まされることが多いのはこのうち機能性便秘です。

 

機能性便秘はさらに3つくらいに分けることができます。一つ一つ見ていきましょう。

 

まずは弛緩性便秘です。弛緩性便秘とは簡単に言うと腸の動きが悪くなり、便が出しづらくなった状態です。女性や高齢者にタイプです。ダイエットや運動不足で筋力が低下している方がなりやすいので、改善方法はウォーキングや腹筋、水分をこまめに摂る、食物繊維を摂るなどです。食物繊維は不溶性食物繊維と呼ばれ、腸の動きを良くするタイプが良いです。豆類や、キノコ類、芋類などに多く含まれています。

 

次は痙攣性便秘です。こちらはストレスによって自律神経の働きが乱れて腸が動きすぎてしまうことで便秘が起こります。改善方法はストレスを貯めこんでしまわない事です。気分転換に運動したり、旅行に行ったり、趣味を楽しんだり、ストレスから自分を解放しましょう。食物繊維を摂る事はこちらも重要ですが、水溶性食物繊維を摂ることが重要になります。腸が動きすぎている状態で不溶性食物繊維を摂りすぎると逆効果になってしまうので注意が必要です。水溶性食物繊維は海藻に多く含まれています。

 

3つ目は直腸性便秘です。こちらになりやすいのは便意があっても我慢してしまう人です。繰り返しているうちに便意を感じるセンサー機能が衰え、便が溜まっているのにもかかわらずトイレに行きたいと思わなくなってしまいます。改善策はトイレに行く習慣を心がけることです。毎朝トイレに座る習慣を身に付けることで便意を感じるセンサー機能も少しづつ改善していきます。長く便が貯まり続けると腸の中で水分が吸収されてしまってどんどん固く、出づらくなってしまいます。水分をこまめに摂りましょう。

 

最後に、生活や食事でも便秘が改善しない場合は薬を飲むことがありますがここにも注意が必要です。便秘の薬は2つのタイプがあります。一つは酸化マグネシウムと言う薬。便に水分を移行させるタイプで大腸への刺激は少ないです。もう一つは大腸刺激性下剤です。大腸を動かし便を出すタイプです。文字通り大腸への刺激が強いです。

 

弛緩性便秘には大腸刺激性の下剤は使用しても良いのですが、緊張性便秘は悪化してしまいます。直腸性便秘も本来もった便意センサーを取り戻すためにはなるべく薬に頼らない方がよいです。いずれにせよ下剤は連用してはいけません。繰り返し使う事で効かなくなってしまいます。腸を自分で動かす力も弱めてしまいます。生活習慣、食事がやはり大事なんですね。

 

便秘の種類に応じて、適切な改善方法をお試しください。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ