身体の老化を防ぐために今すぐ辞めるべき3つの習慣

身体の老化を防ぐために今すぐ辞めるべき3つの習慣

身体の老化を防ぐために今すぐ辞めるべき3つの習慣

人間の身体は歳をとるごとに老化していきます。

 

 

しかし、身体の老化を促進するような悪い習慣を辞めて、新しく良い習慣を持つことで通常よりも老化を遅らせることができます。ここでは、老化と深い関係を持つ5つの習慣について解説をしていきます。

 

まず最初に辞めるべき習慣として挙げられるのが「砂糖」の過剰摂取です。

 

砂糖はスナックなどのジャンクフードに多く含まれています。しかしこの砂糖を過剰に摂ることによって、体内で終末糖化産物(AGE)と呼ばれるものに変化します。近年になって、このAGEが身体の老化を促進しているのではないかと言われており、砂糖の摂取を控えることで老化を防ぐことができるとされているのです。ただ、どうしても糖分が欲しいと思うことは誰しも経験することです。そのようなときは、はちみつやフルーツなど自然に存在する糖分を摂取する方が望ましいと言えます。漂白された白砂糖よりは、身体に良いと言えるからです。

 

次に注意すべき習慣は、日焼けです。肌のたるみやシワといったものは、過剰な日焼けによって引き起こされると言っても過言ではありません。最近のニュースで、顔の半分を日焼けした男性の写真が有名になりました。彼は、日焼けした半分の顔はしわくちゃくだったのですが、日焼けしていない方の顔はそこまでシワやシミもなく健康的だったのです。

 

このことは、日焼けすることがいかに肌の老化を引き起こすかを物語っていると言えます。

 

そして注目すべき習慣が「有酸素運動」です。今はエアロビクスやジョンギングなどの有酸素運動がブームです。

 

 

確かに体の脂肪を燃焼するという意味において有酸素運動は極めて有効なのですが、その分身体への負担も大きくなります。激しい運動を長時間行うと、活性酸素が発生し、この活性酸素が身体の細胞を攻撃します。これにより、傷ついた細胞は修復されますが、修復しきれない細胞は死んでいき老化が進むのです。この事実はあまり知られていません。ダイエットをするのであれば、食事制限の方が老化には効果的であることを覚えておくと良いです。


ホーム RSS購読 サイトマップ