血管年齢を若く保つ、食生活や生活習慣

血管年齢を若く保つ、食生活や生活習慣

血管年齢を若く保つ、食生活や生活習慣

私たちの体の血管は、全身に酸素と栄養を運んでいます。

 

血流が悪くなると、肌や体の老化が加速します。
血管年齢を若く保つ、食生活や生活習慣についてお話します。

 

食生活では、ファーストフードのような動物性食品や油の取りすぎは
悪玉菌を増やすことになります。

 

油脂をとるなら、青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸をとります。
いわしやさんま、さばにはEPA、DHAが含まれていて
悪玉コレステロールや、中性脂肪を減らす働きがあります。
海外では、トランス脂肪酸の規制が進んでいます。
できるだけ控えるほうにしましょう。
トランス脂肪酸は、マーガリン、ショートイングに含まれています。

 

シナモンやしょうがは、血行をよくする働きがあります。
冷え性を改善して、体もぽかぽかしてくるのでストレスも緩和されます。
体温が上がると、基礎代謝もアップしてスリムな体型になります。

 

運動も、血行をよくするのにおすすめです。

 

中性脂肪を減らして、新陳代謝がアップします。
新陳代謝がよくなると、新しい細胞ができやすくなり肌も若々しくなります。
古い細胞がいつまでも残ることがないようにすることが大切です。
誰でもやりやすいのが、ウォーキングです。

 

ウォーキングと同時に、筋トレをするともっと効果があります。
筋肉が増えると、脂肪が燃焼する力がアップするからです。

 

肌荒れやニキビで悩んでいる方は、ストレスも関係しています。
ストレスがたまると、交感神経が緊張します。
胃腸の働きも悪くなりお腹が減ったり、調子が悪くなって
便秘や下痢をする方もいます。

 

血管が収縮して、肌に栄養が届かなくなり老化がすすんできます。
免疫力も落ちて、炎症が起きやすくなります。

 

肌の健康のためには、ストレスを解消することが大切です。
思いっきり発散するのもいいですが、交感神経の緊張をほぐすことが大切です。

 

リラックスするためには、ゆっくりと休むこともいいことです。
ぬるめのお風呂に使ったり、静かな音楽を聴いたり、いい香りを楽しみましょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ