自律神経の調整、うつ病にも良いプラセンタ

自律神経の調整、うつ病にも良いプラセンタ

自律神経の調整、うつ病にも良いプラセンタ

プラセンタとは哺乳類の胎盤から成分を抽出した胎盤エキスのことです。受精卵を赤ちゃんにまで育てあげる胎盤には、胎児の成長にかかせない栄養が含まれています。

 

プラセンタに含まれる栄養

 

体の細胞を作る10種のアミノ酸、体を作る栄養源であるたんぱく質、脂質、糖質のほか、体の機能を正常に保つビタミンやミネラルを含みます。遺伝子の修復の働きを持つ核酸や、免疫力を上げる酵素、細胞の分裂・増殖を促進させる成長因子などの栄養素が含まれています。

 

プラセンタの効果

 

傷んだ肌を修復して体を若々しく保つのでアンチエイジングに有効です。血行を促進し、基礎代謝を向上させますので肌のターンオーバーを早くします。シミやしわの改善、美白にも効果があります。抗炎症作用がありますので、アトピーやニキビの改善が期待できます。女性ホルモンバランスを安定させることから、更年期障害の緩和にも効果があります。

 

美容以外では自律神経を調整してくれて、うつ症状を改善します。免疫機能を高め、病気にならない体にします。活性酸素を除去し、肝障害の症状を緩和します。

 

プラセンタの摂取方法

 

プラセンタを摂るには注射、健康食品として経口摂取、化粧品として肌に塗る、の三通りの方法があります。当然ながら化粧品は体の中の変化には影響しません。

 

一番効果が高いのは注射ですが、通院する必要がありますし時間もお金もかかります。一般的なのは健康食品で摂る方法ではないでしょうか。ドリンクは即効性がある代わりに値段が高いと言われています。注射やドリンクに比べて安価ですが、数か月続けないと効果が実感できないようです。

 

プラセンタは哺乳動物の胎盤からの抽出物であることから不安を感じる人見るかも知れませんが、今のところ副作用の報告はないということで、安全性は確認されています。大量に摂取すると一時的にニキビができたり、生理が早まったり出血が増えると言われています。決められた分量は守るようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ