いつまでも若々しい口元を保つ3つの実践

いつまでも若々しい口元を保つ3つの実践方法

いつまでも若々しい口元を保つ3つの実践方法

「年齢より若く見られたい」

 

 

いつの時代も人間には、年齢よりも若く見られたい欲求があります。

 

 

二人で向かい合ってお話しするときや大勢の人前で話をするとき、人間は喜怒哀楽がすぐに表れる口元を眺める時間がとても長いといわれています。そのようなとき老いを感じさせるような口元を、人に見せたくないものですよね。色艶のよい唇や引き締まった口元の皮膚、しわの目立たない顔はその人の若さをより引き立てます。

 

 

それでは、どのようにしたら若々しい口元をいくつになっても維持することができるでしょうか?その実践方法を3つご紹介します。

 

日ごろからストレスをためず、規則正しい生活リズムをつくる

 

 

肌や唇の色は、その日の健康状態により変化するといわれています。とくに風邪をひいて熱があったり、仕事のストレスがたまり体調を壊していたりすると、健康のバロメーターである血圧も不安定になります。そのため顔の皮膚に集まる毛細血管の循環が悪くなり、結果として唇の色が悪くなったり顔色が普段と違ったりします。

 

 

貧血の原因で顔色や唇の色が紫色に近く変わってしまうのも、血圧の変化によるものです。つまり日ごろの体調管理や、貧血を防ぐような食生活を続けることが、皮膚の色やつやをよくする最良の方法といえます。

 

頬や口の周りのマッサージや顎を動かす運動

 

 

顔の皮膚や唇の下には、表情筋と呼ばれる薄い筋肉が存在します。この表情筋は、顎を動かす筋肉や舌を動かす筋肉と関連して、その厚みや張りを変化させます。顎をあまり動かさない人や舌の運動が鈍っている人では、この表情筋の働きが鈍くなり、顔の皮膚の張りや動きに影響します。

 

 

そのため老け顔に見られてしまったり、表情の変化の乏しい暗い顔に見られてしまいます。日ごろから鏡の前で大きな口を開けて笑い顔をつくったり、顔の皮膚を大きく動かすような頬あるいは口元のマッサージを行うことがよいでしょう。また、舌を伸ばして上下の唇をなめるよう大きく動かす運動を行うことも効果的です。

 

 

前歯の歯並びと見え方

 

 

唇からわずかに見えた白い歯が左右できちんと並んでいると、口元がとても若々しく見えます。前歯の見え方や色さらには上下の歯の歯並びは、若さを保つ秘訣です。もし上下の歯がないと、見た目が変になるだけでなく、かみ合わせがなくなり全体として口元が平べったく、唇にもしわが寄ってしまうことでしょう。歯が残っているうちから歯科医院でしっかり治療を行い、もし歯がなくなった後は、早めに入れ歯を入れてかみ合わせを回復することが大切です。

 

口元の若々しさを保つことは、見た目だけでなくて心理的にもポジティブな効果が期待できるといわれています。常に明るい表情を作ることを心がけて、ストレスをためずに日ごろの健康に気を使うことが、いつまでも若くいられる秘訣のようなものでしょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ